NEWS

「子供達が様々な価値観や世界観に触れる機会をたくさん与えて欲しい」株式会社セブンセンス代表吉田氏インタビュー

ゲスト登壇者の吉田さんにエクサキッズに関するインタビューを行いました!

◎エクサキッズと関わることになったキッカケ

実行委員の近藤さんとどこかのイベントで出会って、その繋がりでですね。


◎講演を受けてくださった理由

小・中学生が対象のイベントに関してはご依頼があれば基本的に受けるようにしていて、
子供達にとって親御さんや学校の先生たちから伝えられること、そしてメディアがとからの一方的な情報しかないと思っていて、選択肢が限られた環境でやりたいことができないという状況が残念だと思っていて、与えられた枠にはまらなくてもイイんだよということを伝えたくて。

27946449_737747076413906_628505733_o.jpg


◎講演を聞いてくださる方に何を伝えてどう変化して欲しいか

子供達には、自分が興味ある・面白いと思うことを見つけてトコトンやってほしい。
そのためにはまずは動くこと。
自分に合うかどうか、続けたいと思えるかどうかはやってみないとわからないし、合わないと思ったらやめるのだってありだと思う。
社会全体がやりたいことを応援する環境になってほしいと思っています。

そして保護者の方や先生たちなどの大人の方には、色々な物をに触れる機会を作ってあげて欲しくて、一つ熱中し始めるものが見つかったと外から見て思えるようになったら、それを続けられる環境をぜひ整えてほしいですね!


◎もし展示ブースに行くとしたらどれを見たい?

anno labの自分で作る3Dプリンターとか、SHIKUMI DESIGNのKAGURAが気になりますね。
他にも色々体験できることが揃ってるようなので、是非色々なものに触れて何か変わるキッカケにしてもらいたいなぁと思ってます。


◎今後エクサキッズをもっと盛り上げるとした皆さんだったらどんなコンテンツを提供されるでしょうか

そもそも論で申し訳ないのですが、今回のイベントコンセプトがユーザーにとってパッと見てわかるようにした方がイイと感じました。
キャッチコピーなんかってやっぱり大事だなぁって思います。


◎最後に参加者の方に一言

EXA KIDS 2018に参加することでできるいろんな体験や、僕の話しなんかがキッカケになって本当に自分のやりたいこと、興味のあることに気づいたり見つかることを期待してます!

27999350_737747069747240_114931069_o.jpg


【インタビュー後の感想】

とにかく飄々とした感じで、自分にはこれしかないからといったギラギラした感じは無く、世の中の動きは激しく変わっていて予測できないから特に大きな目標とかは無いとおっしゃってあったのが印象的でした。

かといって人生を諦めているわけでも物事に対して斜に構えているわけでも無く、自分とはこれだというものがシッカリとあり、今の仕事が好きでワクワクと楽しんである職業道楽状態になってらっしゃるんだなぁ! と感じることができました。


吉田さんとお話しをして仕事の選び方というか生き方について感じたことを少し書かせてていただくと、イチロー選手のように小学校6年生のときに、すでに明確に『一流のプロ野球選手になる』という目標を持って、その信念のもと全ての行動がそこに行き着く状態にして実際に一流のプロ野球選手になった事例もあれば、吉田さんの場合、今の仕事につながるキッカケは、お父さんのお友達の結婚式で流されたお友達が作られた映像を見て、自分も映像を作ってみたいと思い、お父さんにお願いをしてパソコンを買っていただき、自分が作ったものをweb上にどんどん発信し続けていたら、こんなの作れないかとかあんなのを作って欲しいとかいう依頼が来て、お小遣いのネタができるようになったと。

そしてパソコンやプログラムのスキルが上がって、こんなのがあったら面白んいんじゃないかと仲間と一緒に作った『10代のネット擬似投票サイトTeens Opinion』をリリースしたところ、音楽家の坂本龍一さんや俳優の伊勢谷友介さん、お笑い芸人の田村淳さんなどから応援されるほどに話題となって、日本広告業協会広告大賞を受賞をされて様々な企業からお声がかかり、自分が好きなこと、楽しいと思うことを続けていったらいつの間にか今の仕事につながっていったとのことでした。

イチロー選手のように幼い頃から自分のなりたいものを明確に持つことも、吉田さんのように好きなことを続けていったら仕事になっていたということも、そして来年卒業する大学生達がこれから本格化させる就職活動を通じて仕事を選ぶことも、どの仕事の選び方・生き方が良いとか悪いとかいうことは言えないけれども、確実に言えることは高校や大学を卒業したら企業に就職をするという、今までの仕事の選び方の流れだけが普通の価値観とはならず、インターネットを通じて様々なつながりや情報発信をできる現在は、様々な価値観や物の考え方に触れることができ、自分が今考えていることや今取り組んでいること、これから世の中を変えるためにやりたいことなどを自由に発信できる機会と手段を持ち得ているので、それらを活用することで自分の可能性をどれだけでも広げられる時代に我々は生きているんだと感じました。


だからこそ吉田さんは、

「小・中学生や高校生、下手したら大学生や大人でも本当の夢が見つからない、見つけられていないという人がいるかもしれないけれど、とにかく若いうちは時間があるんだから気になるんだったらひとまずやってみて、なんか違うと感じたらまた違うモノを探せばイイんじゃないかと」

「動いてみてやってみないと、そのことに可能性があるかなんてわからないし、失敗したらどうしようとか、あれこれとリスクがあるんじゃないかと立ち止まってる時間の方がもったいない!」

「そっちの方がリスクで、そんなことは起こってから考えたらいいことなので、とにかく興味を持ったらまず動いて気づいたことや取り組んでいることを発信をすることで、応援してくださる方や賛同する方が現れて、自分のやりたかったことをより具体的なカタチに、もしかすると思いもよらないほどに大きくできる時代なので、とにかく動いたもの勝ちだと思うんです」

「だから親御さんには、子供達が様々な価値観や世界観に触れる機会をたくさん与えて欲しいと思います」

とおっしゃってあったんだと思います。


EXA KIDS 2018の講演会でも、またこのあたりのお話をしてくださると思いますので、小・中学生はもちろんその親御さんにも吉田さんのお話を是非とも聞いていただきたいと感じた取材となりました!

吉田拓巳(株式会社セブンセンス 代表)

 

場所:3Fメインホール
時間:16:40〜17:25

 

 

2018/02/11 インタビュー
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >